まめ子の軽やか出張・旅ブログ

福岡在住、出張多め・旅好きなアラサー女【まめ子】のちょっと便利な豆知識

【空旅】奄美群島・徳之島 南国気分が味わえる闘牛が盛んな島

出張多め・好きな【まめ子】です。

 

2018年7月は、鹿児島県の奄美群島のひとつ、

徳之島へ行ってきました!

鹿児島県とは言っても、場所は限りなく沖縄

南国気分をたっぷり味わってきましたよ♪

 

ーーーーーーーーーーーー

 【もくじ】

■福岡空港→奄美大島→徳之島のフライトで貯まったFOP

■奄美大島→徳之島は100席未満プロペラ機

■徳之島のおすすめ観光本

■おすすめの観光方法「観光タクシー」

★徳之島、本当に行ってよかったところ

 □金見崎ソテツトンネル

 犬の門蓋(いんのじょうふた) 

 闘牛の島 徳之島を堪能

 南国ランチが食べられるお店

 

ーーーーーーーーーーーー

                           

■遠くて近い奄美大島  

奄美大島距離は確かに遠いです。

鹿児島県ですが、鹿児島空港からよりも

那覇空港の方が断然近い。

(徳之島は、奄美大島よりもさらに沖縄寄りです。)

f:id:travel-everyday:20181110130544p:plain

しかしその一方で、

飛行機に乗ってしまえばあっという間なので、

東京、大阪方面からのお客さんは多いのだと

現地の方はおっしゃっていました。

ちなみに…

羽田空港-奄美大島

 JALのみ、1日1便、羽田12:00→奄美大島14:30

 というのがありました。

 片道21790円が最安値のようです。

□成田空港-奄美大島は、

  バニラエア(Vanilla Air)のみ、

 1日1便、成田13:15→奄美大島16:15というのがあるよう。

 片道6760円からありました。

□大阪(伊丹)-奄美大島は、

 JALのみ、1日1便、伊丹9:05→奄美大島10:55

 でした。

 最安値は15460円でした。

□大阪(関空)-奄美大島は、

 バニラエア(Vanilla Air)のみ、1日1便、

 関空9:40→奄美大島11:30でした。

 最安値は5210円でした。

 

便数は少ないものの、

それなりのお値段で飛んでいくことができるので、

確かにお出かけしやすくていいのかもしれませんね。

 

                        

福岡空港奄美大島→徳之島のフライトで貯まったFOP   

【まめ子】は福岡在住なので、

福岡空港から徳之島に行きました。

徳之島への直行便はないので、

鹿児島空港か、奄美大島空港経由で行くことになります。

【まめ子】は時間の関係上、

福岡空港(7:00)奄美大島空港(8:15,9:05)→徳之島空港(9:35)

の旅程を取ることにしました。

このフライトで貯まったFOP(フライオンポイント)は、

福岡空港-奄美大島空港 920

奄美大島空港-徳之島空港 330 

でした。

往復したので、この旅で2500 FOP貯まりました。

 

羽田-福岡は安売りチケットで行くと850 FOPくらいですし、

福岡-沖縄は100%で計算しても1474 FOPなので、

比較してみるとそこそこもらえていますね。

※FOPはJALの上級会員、

 JGCになるために貯めているポイント。

 マイルとはまた別のポイントで、1年で5万FOP貯めれば、

 上級会員にランクアップできます!

 

▼ご利用の空港からお出かけ先までのFOPを予測するページ

JALマイレージバンク - マイル数(Pontaポイント)をしらべよう!

 

 

                            

奄美大島→徳之島は100席未満、プロペラ機

JGC修行を初めてから

めっきりLCCに乗らなくなったので忘れていました。

100席未満の飛行機は、

機内持ち込み荷物の基準が厳しくなるんですよね!

いつも通りのキャリーケースを機内に持ち込もうとしたら、

預けてください!と言われてしまいました。

▼乗ったのはこんな感じのプロペラ機。

 ハイビスカスをあしらって、

 雨の日用の傘も真っ赤なので、さっそく南国気分です。

                          

 ■徳之島のおすすめ観光本

あまりメジャーじゃない観光地に行く場合、

よく悩むのが観光本問題。

定番のるるぶまっぷるでは見つからないことも。

今回の徳之島も例外ではなく、

なかなか観光本が見つからず苦労しました。

(その後、屋久島・奄美大島

 セットで売られていたことに気づいたのですが…笑)

 

何軒か本屋さんに足を運び、見つけたのがこの本。

ありがたいことに、与論島沖永良部島、徳之島…と、

奄美大島以外の奄美群島に特化した観光本なんです!

中もとても見やすく、旅のお供になってくれました。


 

 

  

                                                 

おすすめの観光方法「観光タクシー」 

徳之島はひとつひとつの観光地が少し離れているので、

観光するなら車が必須

レンタカーもよいですが、おすすめは「観光タクシー」です。

タクシーの運転手さんが、島中の観光地に連れて行ってくれて、

しかも見どころを案内してくれました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

★徳之島、本当に行ってよかったところ

1日半、みっちり観光したので、

島中の名所という名所に連れて行ってもらいました。

正直なところ、当たりもあれば、はずれもありました。

そんな中でも、

まめ子が心からオススメできる場所をご紹介します♪

                                                 

□金見崎ソテツトンネル

 

まずは定番系のご紹介。

金見崎ソテツトンネルは、

文字通りソテツがたくさん生い茂り、

トンネルのようになった場所。

プチ探検気分で楽しかったです♪

 

 

 

 

 

                   

□犬の門蓋(いんのじょうふた)

定番の観光場所をもう一つ。

犬の門蓋は、この通称「めがね岩」で有名。

南国らしい海が見えて、とっても気持ちのいい場所です。

 

 

                                                   

■闘牛の島 徳之島を堪能

 

 

闘牛が日本一盛んな徳之島。

島のいたるところで闘牛に出会うことができます。

特に、「徳之島なくさみ館」は、島で一番の闘牛場。

一階には闘牛の試合風景が見られるシアターつき博物館も。

▼なくさみ館近くでトレーニング中の牛とトレーナーさん

▼闘牛場の中でもトレーニング中

▼間近で見ると、すごい迫力!!

  

                                                   

南国ランチが食べられるお店 おうちカフェ「島じかん」

飛行機の機内誌にも載っていた、

おしゃれかわいいランチのお店。

 

⇓公式ブログは探しきれませんでしたが、

この方のブログがわかりやすかったです。

▶徳之島で、とびっきりの「島時間」を味わいたいならここ『おうちカフェ 島じかん』 | 島キャン宣伝部

 

予約がある日しか開店しないという、

なんともマイペースなお店。

でもそこがいいんです!

南国感たっぷりのお食事。

 写真映えもばっちり!

 

▼親戚のおうちに遊びに来たような雰囲気

もともとは茅葺き屋根のお家でやっていたようですが、

台風の影響で修理中とのことでした…。

でもこちらも、アットホームで和みますね!

▼お部屋の中には立派なサクラの木のペイント。

▼薄焼きたまごでコーティングした「たまごおにぎり」など、

ご当地ごはんが味わえます。

おいしかったぁ!

ごちそうさまでした♪

 

ゆったり旅を振り返りながら、

追加のオススメスポットなど思い出したら加筆してまいります♪

 

 

 

 

↓ブログの更新はTwitterでお知らせします♪

まめ子  | Twitter

↓ポチッと応援、お願いします。